薬剤師になるには?

将来的に薬剤師になりたいと考えている人のなかには、そもそもどうすれば薬剤師になれるのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
ここでは薬剤師になる方法を紹介しますので、疑問を解決したい人は一読してみてください。

大学に進学

薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。
薬剤師養成課程のある6年制大学か、薬学課程のある4年制の大学に入学後、受験資格を取得できる大学院に2年間通い、さらに不足科目を履修したり、実務経験を1~2年積む形になります。
これらのいずれかの方法を選択し、卒業した場合に、薬剤師国家試験の受験資格を得ることができるのです。

薬剤師国家試験に合格

薬剤師国家試験の合格率はかなり高い数値となっていますが、これは決して試験の難易度が低いわけではありません。
6年以上の長期に渡り、苦労して知識や技能を習得した結果、多くの人が合格を勝ち取っているために出た高い合格率なのです。
実際には試験の難易度は非常に高いため、相当量の勉強をこなさなければいけません。
なお、国家試験に合格したあとには、薬剤師免許の手続きをおこないます。

就職

薬剤師国家試験に合格、免許の手続きをおこなったとしても、薬剤師として仕事をするには、就職先を見つけなくてはいけません。
候補の就職先としては調剤薬局、ドラッグストアをはじめ、病院、製薬会社などを挙げることができます。
また、雇用形態も正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトとさまざまで、給料や勤務時間をはじめとする条件が異なりますので、自分の目指すところやライフスタイルに合った職場を選択することが大切です。

転職

一つの職場でずっと仕事を続けることだけが薬剤師としての道ではありません。
スキルアップやキャリアアップ、結婚や出産のため、職場や仕事のしかたを変えなければいけないこともあります。

独立

薬剤師の免許を活用して、薬局やドラッグストアなどを開設する選択肢もあります。

ページトップへ