調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容

薬剤師として活躍できる代表的な場として、調剤薬局を挙げることができます。
これから薬剤師を目指そうと思っている人、既に別の職場に勤務している人のなかには、一体どんな仕事をしているのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。
ここでは調剤薬局勤務の薬剤師の仕事内容について取り上げますので、興味がある人は一読してみてください。

調剤業務

調剤薬局に勤めている薬剤師のおもな仕事としては、調剤業務を挙げることができます。
医療機関の医師は受診した患者に処方箋を出しますが、この処方箋に基づいて薬剤を調合するのが調剤業務です。

服薬指導

薬を渡す患者を相手に、正しい薬の服用のしかたや服用する量、保管のしかたをレクチャーしたり、効果や効能、副作用に関する説明、飲み合わせに関する注意事項の説明などをおこなうのが服薬指導です。
また、薬に関する説明をするだけでなく、日常的な健康管理の助言をおこなったり、病気を未然に防ぐために効果的な薬の情報を提供したりもします。
そのほか、服薬指導に含まれる仕事として、薬の効き具合や副作用に関する情報、薬の安全性に関する情報などを患者から収集し、医師に伝達することも挙げられます。

薬歴管理

患者の薬の服用履歴を記録し、管理をおこなうのが薬歴管理です。
患者ごとの処方した薬の量、服用期間、薬の効果、副作用、アレルギー、問題が起こった際の処置の内容など、多くの情報を記録、管理することになります。
なお、これらの情報は薬剤服用歴管理記録簿というものに記録をおこなう形になるのが一般的です。

調剤薬局の勤務時間・残業・休日

薬剤師として調剤薬局で勤務する場合、開局時間は9時頃の場合が多く、17時や18時頃、薬局が閉まるのと同時に勤務が終了することが多いです。
残業はほかの職場ほど多くはありませんが、研修などがある場合は勤務時間が終わったあとになるため、そのぶん遅くまでいなければなりません。
そのほか、休み明けや大型連休に入る前は患者で混み合うことも多く、定時では帰れず残業する必要がある場合も少なくないでしょう。
なお、休日は日曜日や祝祭日はしっかりと休めるのが一般的です。

ページトップへ