薬剤師の雇用形態

一口に薬剤師といっても、雇用形態により給料をはじめとするさまざまな条件が異なります。
ここでは雇用形態別の薬剤師の特徴を解説しますので、参考情報としてお役立てください。

正社員

基本的に雇用期間が決まっておらず、ずっと仕事を続けられるため、人生設計を立てやすいのが特徴です。
給料、福利厚生と安定度は雇用形態のなかでもっとも高く、責任のある仕事を任されることも増えていくため、やりがいを感じることもできます。
また、経験を積んでいくと収入がアップしたり、役職が貰える可能性があるというのも、正社員として仕事をするメリットの一つであるといえるでしょう。

契約社員

勤務する期間や業務内容を決めて雇用契約を交わすことになります。
正社員ほどではなくても、給料が高く福利厚生が充実していることが少なくありません。
さまざまな職場で仕事をし、スキルアップやキャリアアップを目指したい人に向いています。
反対に一つの職場で長く仕事をしたい人の場合には、必ずしも契約期間が延長されるとは限らないため、あまり向かない雇用形態であるといえるでしょう。

派遣社員

派遣会社と雇用契約を交わし、派遣先で仕事をこなすことになります。
契約社員のように仕事をする期間、業務内容が限定されています。
正社員や契約社員と比較すると福利厚生では劣るものの、高時給な点が魅力的です。
なお、派遣には紹介予定派遣といって、派遣期間が終わったあと、派遣先の正社員として仕事ができるチャンスがあるワークスタイルもあります。

パートタイマー・アルバイト

シフト制で決まった時間、曜日だけ仕事をこなす形になります。
派遣社員より時給は安くなり、福利厚生も期待することができませんが、家事や育児と両立したい人、趣味や勉強の時間を多く確保したい人に向いています。
また、責任の重い仕事を任されることはまずないため、仕事でプレッシャーを感じたくない人にも適しているといえるでしょう。

ページトップへ