薬剤師の転職のポイント

いまの職場を辞めて、別の場所で薬剤師としての仕事がしたいと思っている人もいることでしょう。
せっかく職場を移るのですから、よりよい人生になるようなところに転職したいとだれもが思うはずです。
転職してよかったと思えるような職場を選ぶポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

待遇

現状の職場より好待遇の場所で勤務したいという人は、求人情報をチェックする際に給料や賞与、手当の項目を確認しましょう。
これらをトータルした結果、いまより条件がよくなる場合には、転職した際の満足につながりやすくなります。
とくに手当が充実している場合、基本給は安くても手当も入れると高給になることが少なくないため、見落とさないようにしたいところです。

勤務時間・残業・休日

好待遇であっても、勤務時間や残業時間が長かったり、休日が少ない可能性があります。
そのため、激務でも待遇がよければ問題なしと割り切れる人を除いて、無理のない勤務時間や残業時間であったり、プライベートを犠牲にしていると不満に感じない日数ぶん、休日が用意されているのか確認しましょう。
また、残業がある場合には残業代がしっかり支払われているところかどうかもチェックしたいところです。

教育・研修

転職をしたあとも薬剤師としてスキルアップしたい、キャリアアップしたいと考えている人は、職場での教育や研修に力を入れているところのほうがよいでしょう。
常に最新の知識や技術を身に付けておくことにより、薬剤師としての大きな成長につながります。

人間関係

人間関係が上手くいっていない職場では、仕事のモチベーションを保つことができません。
そのため、見学や面接にいった際には、職場の雰囲気をチェックしましょう。
明るく活き活きと仕事をしているようであれば人間関係も良好であると予測することができますし、暗い表情で嫌々仕事をしているように見えれば、人間関係が悪いと考えることができます。

ページトップへ