OTCとは何か

ドラッグストアでの薬剤師のおもな仕事内容の一つとして、顧客に合ったOTCの提案や販売を挙げることができます。
このOTCに関し、薬剤師になりたいと思っていて、まだ学びはじめていない人のなかには、一体何のことなのかと疑問に感じている人もいるかもしれません。
ここではOTCに関しわかりやすくまとめていますので、目を通してみると理解できるでしょう。

OTCとは何か

OTCとは、オーティーシーと読みますが、OはOver、TはThe、CはCounter Drugのことを指し、これを略したもののことをいいます。
薬局のレジの後ろの棚に陳列されていたためにオーバー・ザ・カウンター・ドラッグと称されているのです。
しかしながら、いまは必ずしもレジのカウンターの後方にOTCが置かれているわけではなく、ドラッグストアの売り場にOTCのコーナーが設けられており、顧客が好きなように見たり、手に取ったりできる店舗も数多くあります。
また、OTCは過去には一般用医薬品、大衆薬、市販薬と称されていましたが、現在ではOTCの呼称で統一されています。
当然、一般での販売が認められていない医療用医薬品とは別物です。

OTCの種類

一口にOTCといっても、複数の種類を挙げることができます。
OTC医薬品には第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3種類があるのです。
これはリスクによって種類が分けられているものであり、第1類医薬品がもっとも副作用などのリスクが大きいことを表しています。
このことから第2類、第3類医薬品は薬剤師ではなく登録販売者も顧客の相談に応じることが可能ですが、第1類医薬品は薬剤師でなければ薬に関する情報提供や顧客の相談に対応することができません。

スイッチOTC

OTCの種類として、スイッチOTCがあるということは知っておいたほうがよいでしょう。
これは医療用医薬品のなかで、長期に渡る使用実績が蓄積された結果、安全性が確認されて、OTC医薬品として取り扱うことが認められたもののことをいいます。

ページトップへ