薬剤師の給料・手当

薬剤師として仕事ができる職場としてはいろいろなところが挙げられますが、おもな場所としては調剤薬局とドラッグストアがあります。
この調剤薬局とドラッグストアですが、どちらに勤めるのかによって給料や手当てが違うのです。
さらに細かくいえば個々の調剤薬局やドラッグストアでも待遇に差が出るものなのですが、ここでは平均的な給料や、多くのところが支給している手当について説明します。

調剤薬局勤務薬剤師の給料・年収

正規の職員として調剤薬局に勤めた場合ですが、初年度の年収は350万円程度が相場といわれています。
経験年数が長くなるほど給料がアップしていって、高いところでは550万円程度の年収を稼いでいる人が大勢いるのです。
とりわけ、経験を積むなどして管理薬剤師になった場合には、年収の平均は500万円以上になることが多いといわれています。

ドラッグストア勤務薬剤師の給料・年収

ドラッグストアに正社員として採用された場合には、初任給がいいというメリットがあります。
したがって、初年度の年収も高くなり、400万円以上が相場となっているのです。
また、経験を積むことにより最終的には550万円程度の年収になっている人が多いのが特徴です。
なお、店長として仕事をする場合には、600万円以上の年収になる場合が多いです。

薬剤師に対し支給される手当

調剤薬局やドラッグストアによっては支給していないところがあると前置きしておきますが、おもな手当としては資格手当、職能手当、役職手当、通勤手当、残業手当、住宅手当、家族手当が挙げられます。
そのほか、変わった手当の一つとしては、薬剤師の人材が足りない地域で勤務した場合に支給される可能性がある地域手当があります。
この地域手当のほかにも、東北や北海道のように冬場の気温が低く、積雪で生活に支障が出やすいところで勤務した場合、寒冷地手当を支給しているところもあります。

ページトップへ