ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容

薬剤師の就職・転職先としてはさまざまなところがありますが、おもな場所としてはドラッグストアを挙げることができます。
たいていの人がよくいく場所ですが、ドラッグストアで薬剤師がどんな業務をこなしているのか、実はよくわかっていないという人は少なくないでしょう。
就職や転職先の候補を探している人のなかで、ドラッグストアでの薬剤師の仕事内容を知りたいという人は、ここで紹介していますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

相談業務

ドラッグストアを訪れた顧客の相談に応じ、どの薬を使用するのが良いのか提案します。

販売業務

ドラッグストアで取り扱っている市販薬を顧客に販売する業務です。
薬を売る際には効果・効能、用法・用量、副作用に関する説明などもおこなわなくてはいけません。
また、薬の販売をおこなう際には、レジ打ちの業務をこなしたり、薬剤師以外のスタッフと同様の接客もする必要があります。
さらに、薬の相談に応じたり説明、販売、接客をおこなう以外にも、品出しやポップの作成、店内の清掃など、パートタイマーやアルバイトスタッフがこなすような業務もおこないます。

店長業務

店長として業務をおこなっている薬剤師は多く、この場合にはスタッフのシフト作成、売上とコストの管理、商品の発注、クレーム対応など、数多くの仕事をこなさなくてはいけません。

調剤併設型店舗での業務

この頃は調剤室を設けているドラッグストアもあり、勤務した場合には調剤薬局でおこなう調剤業務、服薬指導、薬歴管理もドラッグストアの仕事内容に追加される形になります。

ドラッグストアの勤務時間・残業・休日

深夜帯まで営業しているドラッグストアが多いですが、開店~閉店まで仕事をするわけではなく、シフト制で勤務時間が決まるのが一般的です。
残業は店舗により異なりますが、残業なし、完全週休2日制を採用しているところも少なくありません。
ただし、年中無休で開いているところも多いため、土日や祝祭日に必ず休みが取れるわけではない点には注意が必要といえるでしょう。

ページトップへ