管理薬剤師としての仕事と年収

薬剤師のなかには管理薬剤師として仕事をしている人が大勢いますが、この管理薬剤師とは何なのか、仕事内容やなりかた、給料に関して疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。 ここでは、これらの情報を提供していますので、気になる人はチェックしてみてください。

管理薬剤師とは?

薬局やドラッグストアを新規ではじめるためには、薬剤師を置くことが法律により定められています。
オーナーが薬剤師の資格を持っていればいいのですが、そうではない場合に薬剤師を雇用し、業務をこなしてもらうことになるのです。
また、開設時に薬剤師がいればいいというだけでなく、第1類医薬品は薬剤師しか販売することが認められていません。
なお、管理薬剤師は資格の類ではなく、役職といったほうがわかりやすいでしょう。
薬局やドラッグストアに複数の薬剤師が勤務している場合、そのトップに立って仕事をするのが管理薬剤師なのです。

管理薬剤師の仕事内容

OTC医薬品の販売、顧客の相談対応をはじめとする薬剤師としての業務のほか、薬剤師以外のパートタイマーやアルバイトスタッフがこなすような日常業務をおこなうこともあります。
また、与えられる権限が多いところだと、シフトの作成や、店舗の衛生管理、設備管理、経営管理まで一任される場合もあるのです。
非常に責任が重く、薬や法律などに関する高度な知識が求められるポストですので、経験豊富な薬剤師でなければ勤まりにくいといえるでしょう。
それから、薬局やドラッグストアを商売として成功させるための経営手腕も問われますし、人材を管理する能力も問われます。

管理薬剤師の給料・年収

管理薬剤師として仕事をする場合には、一般の薬剤師より給料が高くなるのが一般的で、年収だと600万円程度が相場といわれています。
月給は30~50万円で、ボーナスや諸手当を含めると前述した年収額になります。
また、管理薬剤師として店長職も務める場合には、平均年収より100~200万円多い金額を稼げる場合もあるのです。

管理薬剤師で仕事をする際の注意点

薬局やドラッグストアの管理薬剤師として仕事をする場合には、気を付けなければいけないことがあります。
目指しているという人は、ここで説明する内容をよく理解しておいてください。

管理薬剤師の兼業

管理薬剤師は薬事法の対象となっている仕事ですが、第7条に兼業に関することが記載されている点に注意しなければなりません。
この法律の条文によると、管理薬剤師は勤務している薬局やドラッグストア以外のところで薬事関連の実務をしてはいけないことになっているのです。
また、非常勤の学校薬剤師や急患センターで勤務する際には、都道府県知事の許可を取る必要があることも記載されています。
このことから、基本的に薬剤師は兼業が認められておらず、兼務できる場合はあくまでも特例措置による場合のみです。

副業の場合の取り扱い

兼業が基本的に禁止されている管理薬剤師ですが、制限されているのはあくまでも薬事関連の実務のみです。
薬事に関する業務以外の職業であれば、別の仕事を副業でしても法律的には問題ありません。
しかしながら、勤務している職場で副業が禁止されている場合、それに従う必要があります。

兼業や副業はできるのか

管理薬剤師という仕事は一般の薬剤師と比べて多くの権限が与えられており、毎日やるべき仕事が非常に多くあります。
そのため、勤務時間が長くなる場合が多く、兼業したり副業したりするような時間的な余裕はなく、体力的にも厳しいといわざるを得ません。
無理な兼業や副業は健康を害することにもなりかねませんので、何か特別な事情がない限りはしないに越したことはないでしょう。

管理薬剤師の適正

特に新規開店する薬局やドラッグストアでは、管理薬剤師の募集がおこなわれていることがありますが、高度な知識が求められる職種であるため、薬剤師としての経験が豊富でなければ勤まりません。
そのため、待遇がよくても自分のレベルに見合っているのかどうか、就職や転職をする際には十分に検討する必要があるでしょう。

管理薬剤師の求人を探す方法

薬剤師として就職・転職するためには、求人情報をチェックし、候補のところに応募しなければいけません。
そしてこの求人の探し方も、いまは多種多様になっています。
おもな求人情報の探し方を解説しますので、自分に合った方法で仕事探しをおこないましょう。

地区別の薬剤師会

インターネットのホームページに求人情報が掲載されています。
仕事をしたい地域の薬剤師会のサイトをチェックして、問い合わせや応募ができるため、ネットにアクセスできる環境にあれば時間や場所を選ばず求人探しがおこなえます。
求人情報の掲載料も多く、薬剤師会のページに掲載されているということもあって、安心して働ける職場であることが多いのが魅力的です。

薬剤師向け専門誌

誌面に求人情報のスペースが設けられています。
求人探しだけをおこなうために購入するには情報量が少なくお金もかかりますが、ついでに目を通してみるぶんにはよいでしょう。

ハローワーク

インターネットでも求人情報のチェックはおこなえますが、応募は窓口にいかなければできません。

求人情報誌

無料・有料のものがありますが、必ずしも薬剤師の求人情報が掲載されているとは限らないのが難点です。

求人サイト

いま最も多くの人が利用している求人探しの方法です。
サイトに無料登録し、希望の条件を指定して検索するか、あらかじめ希望の条件を登録しておいて、それを満たす求人が登録された際に通知してもらうことにより、仕事探しがおこなえます。
なかにはコンサルタントが常駐しており、無料で就職や転職の相談に応じてくれたり、面接の対策やスケジュールの調整、採用決定後の待遇の交渉など、手厚いサポートをしてくれるようなサイトも存在しています。
そのほか、薬剤師の求人に特化しているようなサイトもあります。

どの方法がベストか

求人の情報量や利便性の高さでは、求人サイトがよいでしょう。
また、前述したようにハローワークは応募は窓口でしなければいけないため、仕事をしていて平日いけない人は、求人探しに使っても意味がありません。

ページトップへ